育児

【子供靴 レビュー】キッズスニーカーはニューバランスがおすすめ!育児歴5年パパが理由を解説します

ニューバランス

こんな方におすすめ

  • 子供の靴は何がおすすめか知りたい
  • ニューバランスのキッズスニーカーってどうなの?

こんな声にお応えします。

この記事の筆者

SAHOPIN と申します。31歳、3児の父、2020年6月から育児休職予定の、一部上場インフラ企業サラリーマンです。

共働き家庭で、育児、家事に奮闘しながら、副業ブログを取り組んでいます。

生活の中で有益な情報を発信しています。

 

この記事では、ニューバランスのキッズスニーカーについて紹介しています。

この記事を読むことで、ニューバランスキッズスニーカーのメリット・デメリットが理解でき、子供の靴を選ぶ際の参考として活用することができます。

それでは紹介させていただきます。

ニューバランスの概要

会社名 ニューバランス アスレチック シュー

設立  1908年

本社所在地 アメリカ

1906年に、当時33歳でイギリス移民のウィリアム・J・ライリーによって、アーチサポートインソールの製造メーカーとして開業。その後、矯正靴の製造を開始。1930年代には、カスタムメイドのランニングシューズの製造を開始した。1906年に、ウィズ(足囲)でもサイズ選択が可能な「ウィズサイジング」を世界で初めて採用したシューズを発売。以降この「ウィズサイジング」はニューバランスシューズのサイズ選択の基本となっている。1972年、ジェームズ・S・デービスが買収し、いまの体制に至る。

靴メーカーとして、世界屈指の企業です。

開業当時は、現在のスニーカーではなく、矯正靴の製造をしており、その技術を現在のスニーカー製造技術に活かしているのです。

なので、とにかく歩きやすいです。

その性能は数々の著名人が証言しています。

愛用する著名人

ビル・クリントン(愛用モデル:M1500)

スティーブ・ジョブス(愛用モデル:M991)

アンディ・ウォーホル(愛用モデル:M730)

アンソニー・キーディス(愛用モデル:MW927)

ラルフ・ローレン(愛用モデル:M1300)

アメリカ大統領から、アーティスト、実業家など、世界的な著名人から支持を受けています。

特に、スティーブ・ジョブズ氏のタートルネックにジーンズの足元にニューバランスのスタイルは有名です。

また、ラルフ・ローレン氏が「まるで雲の上を歩いているようだ」と絶賛したそうです。

以上の評価を見る限り、ニューバランスのスニーカーの機能性、ファッション性が高いことが言えます。

キッズスニーカーとして選ぶ3つの理由

「ニューバランスがすごいのはわかったけど、子どものスニーカーとしてはどうなの?」

そういった声に、僕の経験談を含めてお答えします。

ニューバランスを選ぶ理由は以下の3つです。

理由1 履かせやすい

理由2 カラーリングが豊富

理由3 親子でおそろいコーデがしやすい

では、解説していきます。

理由1 履かせやすい

子ども用スニーカーで絶対条件のうちの一つが、履かせやすいかどうかです。

出かけるときに、履かせにくい靴だと時間もかかるし、イライラしてしまいます。

ニューバランスのキッズスニーカーはすべてマジックテープ仕様なので、大きく開いて履かせやすいです。

子供が一人で履くようになってからも、自分で履きやすいのはこのマジックテープです。

大体の子供靴はマジックテープ仕様なのですが、ニューバランスは素材が柔らかく、大きく広げやすいです。

理由2 カラーバリエーションが豊富

色のバリエーションが充実しているのもニューバランスの魅力です。

シンプルな色から、発色の効いたモデルまであるため、好みのカラーを必ず見つけ出せます。

理由3 親子でおそろいコーデがしやすい

ニューバランスのスニーカーを好んで履く方は、特におそろいコーデを楽しむことができます。

僕もお出かけのときは、よくニューバランスでおそろいコーデを楽しんでいます。

ニューバランスのデメリット

「メリットばかりだけど、何がデメリットはないの」

という声もあると思います。

無いに等しいのですが、挙げるとすれば以下の2つです

デメリット1 価格が3000円〜6000円

デメリット2 人気なため、他と被りやすい

このぐらいです。

一つずつ解説していきます。

デメリット1  価格が3000円〜6000円

「子供の靴にこの値段は高い」

という意見もあると思います。

この値段を、デメリットととるかメリットととるかですね。

1000円〜2000円でも子供の靴は手に入りますので、この値段はデメリットの一つといえます。

しかしながら、僕の場合、信頼の実績をもつニューバランスのスニーカーを子供が履かすことができるなら、この値段は安いと思えます。

これは人それぞれなので、一概には言えませんね。

デメリット2  人気なため、他と被りやすい

さきほど、公園でよく見かけると言いましたが、3人に1人は履いていると言っても過言ではないぐらいに見かけます。

「他人と被るのはちょっといやだなー」

そう思う方はデメリットであると言えます。

ただ、さきほど述べました、カラーバリエーションが豊富なので、ニューバランスは一緒だけど、色・形が全く一緒という可能性は低いです。

定番カラーから、限定カラー、真っ白や、真っ黒など、多岐に渡りますので、「被り」が気になる方は限定カラーなどを選ぶことをおすすめします。

フラグシップモデル(M990v5)のキッズサイズあります!

現在、ニューバランス最新のフラグシップモデルはM990v5というモデルですが、キッズサイズが販売されています。

フラグシップモデルということで値段はけっこうしますが

、ニューバランス好きの方にはたまらない商品だと思います。

最新のモデルを親子で揃えて履くというのもアリですね。

 

まとめ まずはニューバランスからで間違いなし

ニューバランスのスニーカーについて、概要からメリット、デメリットまでご理解いただけたと思います。

僕自身、子供の靴を選ぶときに、最初に選んだのはニューバランスでした。

その後、いろいろ他のブランドを選んで履かせましたが、結局ニューバランスが一番でした。

なにより履かせやすい!

これに尽きます。

ナイキやアディダスなど、履かせたことがないブランドもたくさんあるのですべての中で一番とは言えないですが、

ニューバランスを選んで失敗したということはまずないです。

本記事を参考にしていただけたら幸いです。

ご読了いただき、ありがとうございました。

-育児
-, ,

© 2021 SAHOPIN BLOG Powered by AFFINGER5